憧れのグレーヘアーになりたい

私は40代後半から白髪染めをしています。大抵は市販の白髪染めを買ってきて家で染めていました。50歳を過ぎてからは月1回のペースに、でもそのうちに月に2回くらい染めないと白髪が目立つようになってきました。そこで、考えました。このままずうっと染め続けなければいけないのか、しんどいな、と。街で色々な方の髪を失礼のないように拝見すると、染めずにいらっしゃる方もいて、素敵だな、と感じました。

ボタニカルエアカラーフォーム

単に染めてない、だけではなくて、隠さずによりナチュラルに生きる、その方のポリシーまで感じられるグレーヘアーに私も憧れるようになりました。勇気がいりましたが、白髪染めを止めています。でも素敵なグレーヘアーに落ち着くまでの道のりは遠そうです。色々調べてもみました。染めたヘアーからの移行期には難しいこともあるようです。グレーヘアーを理解してくれる美容師さんを探すことも必要だとか。

髪型を変えるだけでも、移行期の黒髪が目立たなくなったりするらしいのです。移行期真っ只中の私はショートヘアーにして、清潔感を第一に考えてます。今でも、黒髪の若々しいご婦人を見ると、たまに染めようかな、なんて思ってしまう意志の弱い私ですが、せっかくの決心ですから続けてみようと思います。毎日のヘアケアを怠らずにいつか素敵なグレーヘアーを目指しています。

白髪と格闘の日々が始まる

いつからだろうか。白髪が目立つようになってきたのは。初めは、ポツポツと見える程度だったのに。今では、まずい!ほっておくと生え際が真っ白に近いくらい白髪が出てくる。白髪が出てくるごとに白髪染?を塗らなくては。まだ試した事はないけど、これってずっと放っておくと、真っ白の髪のヤマンバみたいになってしまうのだろうか。ああ考えただけでも、おぞましい。ほんと白髪というのはやっかいだ。

ボタニカルエアカラーフォームの口コミ&レビュー!購入して使ってみた私の感想!

何ヶ月かに1回行く美容院ではほーんとに綺麗に染まって気分がいい。なんだか何歳も若返ったような気持ちになる。気分は、ルンルンだ。このルンルンは、一週間は続く。でも、2週間目には、点のような白髪が生え際に登場してくる。少しテンションが下がる。ここからは、次の何ヶ月かに1回の美容院まで、格闘の日々が始まる。1センチくらいまでは、マスカラ風の白髪染で対応。これが、生え際なので、塗るのに手についたり、乾く前にほっぺについて髪の毛の線がつく。ゲゲ買い物に出たトイレで気付く。はぁー!誰か見たかなー。この繰り返しで1カ月半。

今度は、クリーム状の白髪染と格闘が始まる。手袋して、耳も隠し、ナイロンケープをつけていざ前と横と生え際に塗りたくる。全体はなかなか難しく、とりあえず、生え際だけ。塗ってから15分待ってお風呂場に直行!流すのがまた大変。でも、次の日は、なんか若くなったようで、テンションちょっとルンルン。次の美容院まで、後1カ月半同じ事の繰り返し。ほーんとに何してるんだか。全部白髪になって、シルバーの髪のお婆ちゃんには憧れるけど、まだちょっと早いようだ。ああまた格闘の日々が始まる。

パサつき、うねり、増え続ける白髪。どうしてくれよう。

若い頃は自分で言うのもなんですが、サラサラ、ストレートのきれいな髪でした。ヘアカラーをバンバンしても、黒に戻せば元気な髪復活!
それが年月を重ね、気付いた時にはパサパサ、うねうね、見えるところまで白髪がニョキニョキ……。
洗っている時は濡れているから指通り滑らかで、若い頃との差を特に感じないんですよね。

評判どう?ブレスマイルウォッシュを実際に使った私の口コミ&効果!

でも乾かしている途中からわかる衰えた質感。ドライヤーの熱から髪を守るための洗い流さないトリートメントは欠かせません。
乾いた後にも付けないと、人形のような保水力のない髪。落ち武者のような無残な見た目になってます。
髪のクセっていつから出てくるんでしょうね。

パーマをかけてもパーマに打ち勝とうとするクセ。初めての美容院では細かく伝えないと上手く仕上がらず面倒なので、結局いつも同じ店の同じスタイリストさんを指名することになります。
美容院ではトリートメントを頼まずにいられません。

でも費用を抑えたいから、選ぶのはいつも真ん中のタイプ。
値段を気にせず一番高いトリートメントを頼んだら、どれくらい違いがあるのかな。
キャンペーンがあると良いのにな。

きわめつけは、髪をいたわりたいのに髪を傷める行為、ヘアカラーをしなければいけないこと。
白髪は出ない人も居るようで、うらやましい限りです。

白髪が出始めた時は内側の見えないところだったのに、今では見えるところに存在感抜群で君臨しています。
白髪を愛でる文化が世界中に広がればいいのにな。

白髪は実は小学生でも生えてきます。

白髪とは年老いたから生えてくるものではないと私は知っています。

私は小学校のころから白髪に悩んでいます。評判通りに染まる?ボタニカルエアカラーフォームの本音の口コミを徹底レポート!

小学校五年生の時くらいの時から髪の毛に白髪が混ざる様になりました。

今では定期的に染めなければ茶色と白が混ざったような色の髪の毛になってしまいます。

30代なのに髪の毛だけを見ればおばあちゃんみたい。

幼いころはなぜ白髪が生えるのかはわかりませんでした。

そもそも幼少期は真っ黒な色の髪の毛で、茶色い髪の毛すら一切なかったのです。

それが小学校五年生になった頃には髪の毛の色は黒色より茶色い色が増えていました。

当初は、通っていたスイミングスクールのプールの塩素のせいではないか、ということでした。

中学生になるとすでに黒髪はなく、全体が茶色、混じる白髪、といった感じになっていました。

今考えれば遺伝の可能性もとても高いと思います。

良祖父母とも白髪、父も白髪です。

兄も若いころから白髪が混じっていたらしいので、遺伝の可能性は高いと思われます。

さすがに遺伝に対抗する術は有りません。

やはり、対策としては定期的に美容院に行くこと。

ですが、このコロナ禍で行きづらいので市販の白髪染めを使っています。

自分でやるぶん不安は残りますが、それなりには染まってくれますから。

速くコロナ禍が終わって気兼ねなく美容院に行って白髪をどうにかしたいです。

カラーでのアレルギーの怖さ

アラフィフの主婦です。この年齢になると白髪を隠すことはまず不可能になり、カラーに頼ることになります。
私の場合、若い頃からおしゃれ染めのカラーをずっとし続けてきましたが40代後半から少しずつ白髪を隠すためにカラーの頻度が高くなってきました。

ボタニカルエアカラーフォームの口コミ&評価!販売店で市販されている?

その頃から少しずつカラーの後に頭皮にかゆみが出始めたのです。最初はすぐに治っていたのですが、段々とかゆみも酷くなり頭皮に湿疹のようなものも出来始めました。また赤味もありました。
かゆみも尋常じゃないほどになり、かきむしりたくなるような時もおるようになりました。
ですが白髪を放っておくことも出来ず仕方なくカラーをしている状態だったのですが、とうとう耐えられなくなり皮膚科を受診しました。

話しを聞いてみるとアレルギー反応を起こしていてカラーをやめない限り治ることはない。美容院で相談すれば何か薬剤の弱いものを用意してもらえるのでは?ということでした。
カラーはやめることはできません。なので美容院に相談してカラー剤を変えてもらい、オイルで保護。塗り方も工夫してもらうことになりました。そして皮膚科での飲み薬をカラー後3日間飲みます。アレルギーを抑える薬なのでとてもよく効きます。もちろん塗り薬も。

実際美容院でケアしてもらって大分かゆみも無くなってはいるのですがやはりかゆみが出る時もあります。
薬と併用してやっていくしかありません。
頭皮も年齢と共に弱くなってくるのでしょう。
白髪隠しは女性の永遠のテーマです。薬を飲んで、お金をかけてもやはり綺麗でいたいものです。