晩ご飯だけ糖質吸収ダイエット

糖質を含む食生活のリズムを変えた結果、3ヵ月で私は5㎏も痩せました。
身体や脳などを動かすエネルギーとして、とても必要な物質のひとつが糖質。
生きていく上では絶対に欠かせない物質です

http://fecava2018.org/

しかし、人間にとって欲望をそそりやすいのも糖質。
米、パン、麺類などお腹に入れることで、安心感や満足感でいっぱいになり、快感に満たされる為、ついついたくさん食べてしまいます。
さらに現代では、味付けや料理の工夫によって、糖質を含んだ食品が美味しく食べやすい世界に。

現代社会人は1日中糖質を含む食事をしています。
日本の成人男性・女性で1日に必要な糖質量はご存知でしょうか?
運動量が少ない方で成人男性330?、成人女性270?ぐらいとの事。
では、わかりやすく量を表すと、お茶碗に入れたご飯「2杯ほど」です。

1日3食生活の方には難しい糖質量ですね。
3食白米の場合、朝と昼で糖質摂取終わってしまいます。それか1杯3分の2の量です。
毎食抑えて食べるって、想像するだけで毎日苦しい生活です。
せめてご飯は何も気にせず美味しく食べたい。だけど痩せたい。

そんな中、思いついたのが「晩ご飯だけ糖質吸収ダイエット」。
1日に摂取できる糖質がお茶碗2杯分だけなら、1食だけ糖質を好きなだけ食べれるようにしたらいいのでは?という単純な発想です。
朝、昼は糖質を抜いたタンパク質、食物繊維重視の食事。

晩ご飯は糖質を好きなだけ食べて良い食事にしました。
最初、朝と昼に糖質類を摂取できない事にモヤモヤする気持ちが沸きましたが、晩ご飯に糖質類が食べれるとなるとそんなモヤモヤ感は一気に消え、美味しい食事ができます。

しまいには、良いストレス発散とダイエットしている自分への満足感で、何とも言えない喜びが沸いてきます。
「晩ご飯だけ糖質吸収ダイエット」の食生活を重ねるごとに、自然と無理なく小食になり、いつの間にか5㎏も減量。
運動が辛かったり、お金の掛かるダイエット法などで苦しむ方にはオススメです。