ダイエットには糖質制限を!

私は口だけの通年ダイエッターで、「痩せたい」が口癖でした。http://oefo.net/

そんな私が、最近本格的に始めたのが「糖質制限」です。近年、ダイエットにおいて効果的なのはカロリー制限ではなく、糖質制限と言われるようになりました。糖質制限と言われて一番に頭に浮かぶ食材といえば、白米ではないでしょうか。

日本人にとって、お米は食事になくてはならないものだと思います。そんな白米ですが、もちろん糖質量が多いです。平均的なお茶碗一杯分の量で、糖質は約50gにもなります。

成人の一日の糖質摂取量の基準は約300gなので、一回の食事の白米だけで、一日の摂取量の6分の1に相当するのです。食事となればもちろんその他のおかずもあるため、私たちは気づいたら糖質を多く摂取していたなんてこともあるのです。間食を多く取ったり、食後のデザートを食べてしまったら、簡単に一日の基準値は超えてしまいます。私も今まではまったく気にしたことがなかったので、糖質制限ダイエットを始めて自分が今まで摂取していた糖質の量に驚かされました。

糖質制限は生活習慣病の予防にもなるという話を耳にするので、過度な制限ではなく、望ましい範囲で続けていくことが良いとされます。そんな糖質制限ダイエットを始めた私ですが、好物である甘いお菓子やデザートを減らし、少しずつ身体にも変化が出てきました。

開始前より3㎏の減量に成功したのです。体重減少はとても喜ばしいことでしたが、それよりも甘いお菓子を我慢して控えることで、身体の内側から綺麗になっているなあと実感することができました。このことに気づくことができて、本当に糖質制限ダイエットをして良かったと感じました。このように身体に良いことしかない「糖質制限」ですので、これからも無理なく続けていきたいと思います。